読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たろの食い倒れ日記2

週一くらいでいったところとかの更新

やすらぎの湯(栃木佐野)

今週は寝坊したから栃木です。佐野ラーメン万里を食べてアウトレット行って道の駅どまんなかたぬまで土産を買い名水100選の出流原弁天池で水を飲み温泉に入り佐野ラーメン大金を食って帰る佐野食べ歩きツアー。

 

↓起きたら7時半で首都高大渋滞。西へ北へは混みすぎて諦め南は先週行ったので空いている東北方面へ。まずは佐野ラーメンの老舗万里へ。オープン11時で40分くらいに並び始めてきたから並んでみたら10時45分にはオープンしてくれる優しさ設定。醤油系のスープに麺の硬さが千差万別。ふにゃふにゃのところからつるつるまで。麺を楽しめるが個人的にはもう少し硬めが好きかな。もやしラーメンはチャーシューがブロック気味でこっちの方が好き。餃子はプックラでそんな大きくないけどジューシーでうまし。

f:id:taro224:20170325180239j:imagef:id:taro224:20170325180251j:imagef:id:taro224:20170325180258j:imagef:id:taro224:20170325180301j:image

 

↓万里食べてからは佐野アウトレットへ。午前中はやっぱ空いててええね。フードコートのいちごフェアのタルトとベーグルベーグルのいちごのベーグル。ベーグルモチモチで中にクリーム入っててうまし!いちごタルトは小型だけどいちご3つも入っててこれまたうまし。

f:id:taro224:20170327192203j:imagef:id:taro224:20170327192345j:imagef:id:taro224:20170327192348j:image

 

↓アウトレットは混む前に退散。温泉に行きがてら道の駅どまんなかたぬまへ寄り道。とちおとめのジェラートにつるりの佐野ラーメンを土産にゲット。おとめミルクのジェラートは生いちごをつぶして作るんだけどミルク部分があっさりで少し期待はずれかな。

f:id:taro224:20170329184834j:imagef:id:taro224:20170329184840j:image

 

↓あとはいもフライ食べたりミニSLあったり中々楽しい道の駅。駐車場が狭いのが難点かな。裏にあるのかもだが。

f:id:taro224:20170329190443j:imagef:id:taro224:20170329190449j:imagef:id:taro224:20170329190453j:image

 

↓温泉の前に名水100選の出流原弁天池へ。鐘ついたり豆乳飲んだら水飲んだり。池は水が透明で綺麗だったわ。

f:id:taro224:20170329190645j:imagef:id:taro224:20170329190653j:imagef:id:taro224:20170329190657j:image

 

↓池のほとりの売店のいもフライとカンロの寒天というかゼリーというか。見た目オレンジだけど味はなし。黒蜜かけるとよくあるあんみつ的な感じで…黒蜜寒天や。いもフライは道の駅のより揚げ方うまくて外サク中しっとりでうまかった。

f:id:taro224:20170329191213j:imagef:id:taro224:20170329191217j:image

 

↓寄り道しつつ目当てのやすらぎの湯到着。ここは温泉が湧いてるわけではないけど那須の馬頭温泉から輸送してきてるそうで無色透明のアルカリ性。柔らかい湯って感じ。サウナも3箇所あるし値段も安いし居心地よし。

f:id:taro224:20170329191904j:image

 

↓風呂入ったら腹減るわけで夕飯の佐野ラーメンの大金へ。17時半くらいでほぼ満席。ラーメンと餃子。ラーメンは透明感があり万里に比べるとお上品。麺は少し硬めのふにゃふにゃ麺。食感は万里よりは好きかな。餃子は写真じゃわかりにくいけどかなりでかいが具が野菜多めで何個でも食べられる。ビール飲みたかったなあ…。

f:id:taro224:20170329192825j:imagef:id:taro224:20170329192831j:imagef:id:taro224:20170329192835j:imagef:id:taro224:20170329192838j:image

 

↓帰りに羽生の鬼平犯科帳パーキング寄って帰るのでした。特に買うものはないけどね…見た目だけは多分全国一かと。そんな感じで体重は74.3キロと微増。残業多くて歩けなかったからかな。頑張るか

f:id:taro224:20170329193423j:image